• 周一. 7 月 15th, 2024

孔雀东南飞@一目均衡表

盗人に 取り残されし 窓の月 

GJの変化日と波動検証(2010/3/1~現在)(3)

kujyaku

5 月 2, 2010

続く

45日から転落したが、次の検証は簡単だ思う、

どこまでへ下げる?

その前、317日と44日の二つ天丼に対して、対等変化日を求め、426日で、この次の427日は31日からはじめの一期二節の日であり。とりあえず、メモして、歴史で、一期二節で転落することがいっぱい、無視すれば、後悔しやすい。

では、普通なら、DEFN波動を考えで、その幅が可能でしょう?

 

3/17 139.34/137.083/22  136.52/134.534/4 144.89/144.19

高値の場合: N波動計算値:142.06

安値の場合: N波動計算値:141.64

 

期間について、318日から、322日まで4日間、44日から4日間後49日頃と思う。

自信満々、この日を待っている。

 

実際:

48日で滝を流れ、143.06140.94で終了したが、値段を比較して、え~~~なぜ、今回の計算はだめだ?格差は大きい、ですので、反省しなければならない。

 

反省:

問題は前回の計算が制限値幅論で発生したが、今回もちろん、同じ制限論を使用することだ。

前回の制限値幅は217日の落とす値を322日中低に返したから、今回、31日から38日までの増加値を減らすこと。

3/1 135.49/132.00  ~ 3/8 137.35/135.65  ~4/4   144.88/144.19

  高値の格差:1.86  → 143.02  →143.06

  安値の格差:3.65  → 140.54  →140.94

そして、48日の値段と、びったりといえませんけど、満足できる。

そして、期間について、31日~38日までは6日間、44日から7日目は49日でした。

 

48日は陽足ので、これからの動くを再予測する。

開始点の決めるは難しいで、最初、VE波動で考え。

4/4   144.88/144.19 ~ 4/8 143.06/140.94

E波動計算値:153.24

V波動計算値:146.16、そして、仲値は149.7

特に、金曜日の49日には再度一気に上げて、前日のトップを触れたい様子で、最後、長い陰影を付いて、又、410日で十字星が出だ。それはこれから転落すると暗示している。それでおしまい?

無言になっている、俺が。

見逃げれたのはS構成点、217日の143.61だ。

ここは大事なレジ線で、下に向けなら、転落すると。

そして、この点より、再計算し検証しましょう。

143.614/4   144.88/144.19   ~4/8 143.06/140.94

高値の場合L

V波動計算値:146.7

N波動計算値:144.33

E波動計算値:146.15

ENの仲値は145.24

安値の場合:

V波動計算値:147.44

N波動計算値:141.52

E波動計算値:144.77

ENの仲値は143.15

 

期間について、414日には、最初から定義されたの一期一節で、そのころ、間違っていない。

そして、414日で144.63/143.35、高値のN波動計算値を到着した、したの安値にも、ENの仲値を満足できた。

415日で落ちると判断したが、145.02/143.25で終了し、前の高値のEN波動計算値の仲値もできました。

終に、やっと正確した、心の中で石を落とした。

自分の技術と判断観点は勘違いでした、不足で、工夫がまだ足らないね。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用 * 标注

此站点使用Akismet来减少垃圾评论。了解我们如何处理您的评论数据